2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

春日部の歴史と風俗

埼玉県の「春日部」という地名を聞けば、まず最初に「クレヨンしんちゃん」を思い浮かべる人も多いかと思いのではないでしょうか?僕もそのひとりです。春日部という地名を一躍全国区にしたのは、このマンガの影響が大きいと思います。そんな春日部に僕は今回はじめて行ってみて知ったんですが、この春日部という地名もともとは粕壁と記されていたそうです。春日部駅も以前はこちらの表記だったそう。江戸時代、日光街道や奥州街道の宿場町として栄えていた時代も「粕壁宿」として栄えていました。そう、春日部は昔から交通の要所だったんです。近年も東京のベッドタウンとして発展してきました。
高度経済成長期には大規模な団地も数多く建てられたようです。現在は春日部市の人口増加は落ち着いてしまったそうですが、それでも春日部には多くの人が生活していて、彩の国中核都市にも指定されています。春日部駅は東口・西口ともに百貨店などの商業施設が建ち並んでいて活気溢れていました。

東京のベッドタウンとして発展してきた春日部ですから、こうして栄えているのも頷けます。繁華街にはキャバクラなどの飲み屋も豊富ですし、風俗店も多数存在します。しかもこの春日部、女の子のレベルが高いとの噂。春日部駅は「東武スカイツリーライン」や「東武アーバンパークライン」などで各地とのアクセスが良好なので、色々なエリアから女の子が集まりやすいのかも知れません。さて、女の子のレベルが高いという噂を聞いてしまったら、男なら実際に確かめずにはいられませんよね。僕は風俗店を利用しようと思い立ったのですが、これまたジャンル豊富で迷ってしまいます。
デリヘルやホテヘルなどの派遣型風俗店の他に、都心以外では珍しい存在にも思える店舗型風俗店も存在するんです。春日部のピンサロ、ソープランド、イメクラなどの店舗の前を通るだけでなんだかドキドキしてきちゃいました。先が思いやられます。どの風俗店を利用するか、夜までに決めなければいけません。

話題サイト

春日部のデリヘルをリーズナブルに楽しむならココ@ヘブンネット